食べて痩せる方法

中学生の娘が2週間で-2kg痩せる方法を栄養士のはなえりが解説!

今日は2週間で確実に2kg減らす方法
についてお伝えしていきます。

今回なぜそんな方法をお伝えするか
と言いますと

あるお母様から、

中学生の娘が太っているのを気にして2週間後の修学旅行に行きたがらない

という話を聞いたからです😣🍀

もし、
あなたの年頃のお嬢様がそう言ったら、
あなたはどうしますか?

今回は、
ダイエットインストラクターであり娘を持つ母でもある私ならこうする
というお話をしていきます。

けれど、
これが正解ではありません💦

この記事を読みながら、
一緒にベストな方法を考えていきましょう!

はじめにお伝えしたいこと

2週間で2キロ痩せるのは、
かなりハイスピードで
体に負担が大きいと思われます。

だから、
基本的にはオススメしたくありません💦

ですが、
難しい時期の娘に強く反対したところで
効果はないでしょう。

むしろ逆に、
もっと危ないダイエットに
手を出してしまう可能性もあります。

それよりは、
まだ健康を害するリスクが少ない方法
やってもらったほうがいい。

そんな、消極的な意味でオススメです😅

2週間で-2kg痩せることは可能か?

まずそもそも、
「2週間で-2kg痩せる」
という設定ですが、
これはそのお嬢様からの希望です。

「部活をやめて2kg太ってしまったので、修学旅行までに戻したい」
という希望からでした。

さて、
2週間で−2kg痩せることは可能でしょうか?

わたしは、
ギリギリあり得るのではないかと思います。

1番効果が大きいのは、
むくみ解消でしょう。

むくみを解消すれば、
1日で1〜2kgも増減する可能性があります。

脂肪に関しては、
1か月に体重の5%までは減らしても健康上問題がない
と言われています。

50kgの人だと、
1か月で-2.5kg、
2週間で半分の-1.2~1.3kg

むくみの1kgと脂肪の1kgで
頑張れば-2kg行けるかもしれません。

不可能ではないけど
厳しい数値ではあります。

2週間で-2kg痩せることのデメリット

始める前にまず伝えたいのは、
デメリットです。

2週間に−2kgを目指すダイエットは、
次のようなデメリットがあることを理解してもらいます。

1)リバウンドしやすい

一時的に痩せてもまた戻るでしょう。

体重を急に減らした後にリバウンドすることは、
精神的にも体力的にもダメージが大きいこと
を知ってほしいです。

2)生理周期が乱れやすい

急激に栄養を落としていくのは
身体にはすごく負担なので
生理周期が乱れやすくなります。

特に中学生は
まだ周期が整っていないので
余計にバランスが崩れやすくなる心配があります。

バランスが崩れると、
生理痛やPMSの症状が重くなる場合があります😭

3)体調を崩しやすい

身体に負担をかけているので
疲れやすくなったり
イライラしやすくなったりします。

旅行前や旅行先で、
体調を崩したり
気持ちが不安定になる可能性
があるかもしれません😅

それでも、
修学旅行でスリムに見られたい
という気持ちはとてもよく分かりますので
体調を良く観察しながら、
少しでも調子が悪く慣ればストップするお約束
で始めたいですね。

2週間で-2kg痩せる方法

それでは具体的に、
2週間で−2kg痩せる方法を
お伝えしていきます。

やることは3つあります。

1)水分摂取

1日に1.5~2ℓ摂るようにします。

学生はトイレの時間も限られていますし
日中ガバガバとお水を飲めないと思いますが
可能だったら水筒を持って行って
こまめに飲んでもらいます。

これはむくみ対策です。

中学生にもなると授業時間が長くなり、
かなり長時間 座っていることが多くなります。

また、
生理が始まるころになると、
骨盤が歪みやすくなり、
下半身の血流が悪くなりやすいです。

そうなると鼠径(そけい)部がつまり、
むくみで脚が太く見えてしまいます。

まずはお水をしっかり飲んで
滞りがちな血流を改善し、
めぐりのいい身体を作っていきたいと思います。

2)運動

➀ストレッチ

2週間で体重を落とすとなると、
運動は必然です。

特にストレッチがオススメです😄✨

先ほどお伝えしたように、
鼠径部のところが詰まりやすいので
鼠蹊部を伸ばすストレッチをおすすめします。

また、
股関節が固まってしまうと
足が太くなるので
股関節を大きく動かす運動もいいですね。

youtubeなどにも
股関節」「動かす
と検索するとたくさん出てきますよね。

その中から出来そうなものを選んで、
ストレッチと含めて30分ほど体をほぐせるといいですね。

お嬢様が運動部の場合、
既に学校でしっかり運動してきているから
不要ではと思われるかもしれません。

ですが、
運動部の子の中には、
筋肉をめいっぱい使った後、
ストレッチが十分に行われていないことが多いのです。

ほぐさないでいると、
脚や腕がガチガチに太くなりますので、
運動している子もしていない子も、
ストレッチはしっかりやったほうがいいでしょう。

②筋トレ+有酸素運動

何も運動をしていない子の場合、
上のストレッチに加え、
筋トレ有酸素運動をやると
体重が早く減ります😉🌈

筋トレの後に有酸素運動を組み合わせると、
脂肪が早く燃焼されます。

例えば、
【スクワット2分・その後にウォーキング20分】

または、
【プランク1分・その後に激しめのダンス20分】

などはどうでしょう?

楽しみながら、
じんわり汗をかくような運動
がいいですね。

3)食事制限

2週間限定という条件付きです。

➀お菓子をやめる

まずはお菓子をやめましょう。

お菓子のある環境の中で
食べられないのはつらいので、
家の中からお菓子をなくしましょう。

お母さんも一緒に頑張ると、
励みになりますね。

②主食の量をを減らす

ごはんやパンの量を減らしていく。

キツイ糖質制限は
野菜、果物、イモ類に含まれている糖質も
減らしていきますが

私が娘にやらせるのであれば
そこまではやらせません。

主食の量を0〜半分など、
少しずつ様子を見ながら減らします。

朝や昼は、
なるべく0にしないほうがいいでしょうね。

ごはんのかわりに、
野菜で空腹感を満たすようにします。

③たんぱく質と油を3食とる

たんぱく質筋肉を減らさないため、
体温を上げるためです。

油は摂ると言っても、
大量に摂るのではなく
普通に料理に使う量で十分です。

ただ、
揚げ物は控えたほうがいいでしょうね。

2週間のダイエットが終わったら必ずやること

以上が、
2週間で−2kg痩せるを叶える方法でした。

さて、
2週間が終わり、
無事に修学旅行から帰ってきたら、
必ず主食の量は戻します。

このまま続けていくと
甘いものにすごく欲求が出てしまい、
お菓子が止まらなくなってしまう危険があるからです。

逆に、
お菓子をたべない、
3食しっかりたんぱく質や油を摂るという習慣
このまま続けていきたいですね。

親から娘に伝えたいこと

無謀と思えるこのダイエットを通して、
私なら次のことを娘にしっかり伝えたいなと思います。

1)相談してくれてうれしい!

親に相談出来ずに、
知識がない友人やネット上の他人に相談する子が
いっぱいいるんですよね。

思春期は親子関係が一番難しい時期だから、
仕方がない部分もあるのでしょう。

だからこそ、
もし娘が私に話してくれたら、
相談してくれたことが本当にありがたいなーと思います😊💕

そこはきちんとお礼を言いたいですね。

2)穀物は悪者じゃない

ごはんを減らしてすごく痩せたと思ってしまったら。

おそらく娘には、
「ご飯を食べると太る」という情報がインプットされてしまう
のじゃないでしょうか💦

ごはんはすごく大事ということ
痩せた体をキープするのは
穀物が必要だということは、
しっかり伝えていこうと思います。

3)良い生活習慣を続けよう

このダイエットは無謀ではありますが、

例えば
【運動習慣をする・お菓子を減らす】など、
いい習慣をつけるきっかけにはなりました😉🍀

これは続けていくことを提案していきます。

まとめ

この問題を考えるにあたり、
普段からダイエットの話ができるような関係になっていることが大事なのかな~
と感じました。

難しい年頃の娘とのコミュニケーションはただでさえ大変なのに、
ダイエットという今後の娘の健康に大きく関わる大事なことを扱うのは、
とても責任が大きく身震いします😣⚡

私は健康的に痩せる方法を
娘よりはよく知ってはいます。

けれど、
決して娘に押し付けず、
まずは娘の気持ちをしっかり聞くことから始めよう
と心に決めました☺❦

そして、
大人も子供も健康的に痩せられる安全な食事で、
食べることを楽しみながらダイエットをしていけたらいいな〜と思います。

↓ ↓ ↓

痩せる夕ご飯の献立【1週間分】がもらえる無料メールレッスンのご登録はこちらから

ダイエット情報を毎日更新→アメブロ(https://ameblo.jp/hanaeri-slim